乙訓大物産展

「竹の里・乙訓」と「もうひとつ(海・森・お茶)の京都」を結ぶ大物産展

海の京都、森の京都、お茶の京都、竹の里・乙訓の4つのジャンルから様々な店舗が出店します。

<乙訓地域(向日市、長岡京市、大山崎町)は、京都縦貫自動車道路、名神高速道路やJR東海道線、阪急京都線など基幹的交通施設が集中し、府域の東西南北を結ぶ交通の要衝地であり、竹をはじめとする豊かな自然や優れた歴史文化遺産、世界的な先端企業の立地に恵まれ、これらの社会基盤や特産品など地域資源を最大限に活かした産業振興などの取り組みが進められています。

京都府北部(宮津市・京丹後市・舞鶴市・福知山市・綾部市・伊根町・与謝野町)を「海の京都」と位置付け、地域活性化と観光振興を目指して、さまざまな事業を実施。平成27年、京都縦貫自動車道の全線開通により、アクセスが飛躍的に向上したことから、多くの観光客を呼び込み、全国有数の競争力ある観光圏となることを目指しています。

京都府中部地域(亀岡市、南丹市、京丹波町、福知山市、綾部市、京都市右京区京北)の「森の京都」には、日本の原風景が残る美山かやぶきの里や芦生の森をはじめとした豊かな自然、鮎や丹波くりや北山杉などの森の恵み、京都市中心部から約1時間と都会からも近く、人と人とのつながりのある豊かな暮らしが残る地域です。

茶生産地として最も長い歴史を有し、素晴らしい景観を形成するとともに、現在も最高品質の緑茶を生産している京都府南部地域(宇治市・城陽市・八幡市・京田辺市・木津川市・久御山町・井手町・宇治田原町・笠置町・和束町・精華町・南山城村)において、世界文化遺産登録に向けた取組を契機に、宇治茶をテーマにお茶生産の美しい景観維持やお茶産業の振興、お茶文化の発信などを進めていきます。

KARA-1グランプリ2017

激辛グルメ日本一を決める熱い戦いその名もKARA-1グランプリ2017

全国から「辛くて旨い!」「旨くて辛い!」激辛ファンをうならせる激辛グルメの名店が向日町競輪場に集結。
グランプリの行方を決めるのは入場時に渡される投票用紙を手にしたあなた! カレー、たこ焼き、唐揚げ、ホルモン、どんぶり、 ラーメン、焼きそば、麻婆・・・激辛グルメをご堪能ください。